妊娠記録 成長記録 出産記録 育児 生活 年子 年子姉 姉妹 旦那 夜勤 ワンオペ

いろママ日記

2歳と1歳の年子姉妹+ろくでなし夫の4人家族です♪

経産婦のスピード出産記録 次女編

こんにちは!いろままです。


2016年4月3日入籍 2017年8月長女出産 2019年2月次女出産

主人は昼夜逆転生活のワンオペ育児のワーママ。

現在休職中につき家計が赤字続きです。



2月の頭に出産した娘はもうすぐ4ヶ月で寝返りまで後少し、毎日マットで奇声を発しながらエアロビクスしています。

今更ですが簡単に書き留めていた出産体験のまとめです。


経産婦はお産の進みが早くいろいろと気をつけなければならない事があると言われていますがどれ程だったのか私の体験談です。



39週4日目の夜、長女を出産した週数になり長女より500g以上も大きい次女にお腹をどんどん圧迫されていく苦しさと生活の不便さにさすがに今日こそは産みたいと思い、台を登り降りしたり軽くジャンプしたりと陣痛を起こす運動をしていました。

ちなみに登り降りが一番効きますが破水等の心配がありますので絶対に真似しないで下さい。

すると規則的痛み始め今日産まれる事に覚悟を決めて長女に勘付かれないようそろそろと準備を開始しました。


生理痛と腹痛をミックスさせたようなムズムズズキズキする痛みに懐かしさを感じながら、夕食を食べさせお風呂にいれてようやく寝かしつけを終えました。 この頃には間隔が10分になっていたので旦那に連絡し早退してもらい寝ている娘を起こさないようにバトンタッチ。

一人で入院バッグを持ってタクシーで病院へ向かいました。



病院についてからはすぐさま内診台にのり子宮口をチェックしてもらったら既に4cm開いていてかなり柔らかく、頭が既に触れるという事でした。

妊婦検診の度に早く病院に来るように念を押して頂いたおかげで早くに対処出来ました。

そこからがとにかく早かったです。 陣痛室のベッドで横になりながら母と主人にラインを送り現在の状況を報告し終えてトイレに行ったのですが尿を足すだけのはずがいきみたくなってしまい、お産を進める為何度か踏ん張ってみました。

そして立ち上がると



明らかに頭がまたにはさまっとる…!

しまった!と思ってからすぐさまナースコールを押しました。

助産師さんの到着と同時に一気にいきみたくなったかと思ったら破水。 助産師さんなんとなく現状を把握する)



そこから分娩台へ移動し子宮口を確認したら案の定全開していました。

ですが赤ちゃんがまだ降りていない為ただ痛みといきみたい欲に耐える事30分、よし、もういける!という時に先生が来ない!

間に合わない為新人の助産師さんに取り上げてもらう事に。

ベテラン助産師さんと新人助産師さんに見守られ2回のいきみで無事出産しました。

ベテラン助産師さんから受けている指導が丸聞こえでしたが常にはい!はい!とハキハキと明るく私に気を配りながら本当に一生懸命お産を進めてくれて感謝と尊敬の気持ちでいっぱいになりました。

そして待望の我が子との対面。どんな顔をしているのか産まれる直前まで重い浮かべていました。顔を一目見た瞬間、一気に愛情が湧き上がって幸せを全身で実感出来るのは母親の特権ですね。



産まれた直後先生が到着しました。 会陰切開はしておらず、傷口も自然治癒で充分だった為胎盤を出して後処置を終え2時間分娩台で安静にしていました。

その間主人と母に出産を報告LINEをしました




が、

誰も起きとらん((((;゚Д゚))))))) AM4:00



こんな事って…!!



いや、母親としての役割を果たした訳であって誰かに感謝される為ではないのですが… ないんだけどね?

それにしても夫に絶対側にいてほしい、感動を分かち合いたいと思うのが普通ですよね。



旦那酒飲んで寝てました。 なんなら病室に酒持ってきましたから本気で今すぐ離婚したいと思いました。 ※アル中です。

とりあえず置いといて… 無事に出産を終えた安心と幸せな気持ちで胸がいっぱいでした。

夜中の12時に陣痛が来て1時30分に病院に着いてから2時間後の3時17分に出産というスピード安産でした。

助産師からはお褒めの言葉をいただき、主人が見舞いに来た時にも気を遣って下さったのか『本当に我慢強くて一人で来てからあっという間で、なかなかないお産でした。凄かったですよ。』と言ってくださって主人がどう思ったかは分かりませんが私がぐちぐちと叱責するよりも効いたのではないかととても嬉しくなりました。




以上次女の出産についてでした。

これから出産を控えているお母さん、頑張って下さいね!

f:id:enhute34:20190528010618j:plain







関連記事 enhute.hatenablog.jp

enhute.hatenablog.jp