妊娠記録 成長記録 出産記録 育児 生活 年子 年子姉 姉妹 旦那 夜勤 ワンオペ

いろママ日記

2歳と1歳の年子姉妹+ろくでもない夫の4人家族です♪

子どもを保育園に預けて働きたい方の仕事探しで重要なポイント

いつも見ていただきありがとうございます。

私はいま2歳になる長女を短時間保育で小規模保育所に預けています。

そして11月には次女も同じ保育園に預ける予定です。

現在は在宅でご依頼いただいた記事の執筆を行なっていますが、本格的に働こうかも悩みどころ。

『仕事どうしようか、いつ働こうか、どんな働き方にしようか』

正職についていて、産休育休が明けて復職できる方以外はきっと悩まれることと思います。

とくに私みたいに旦那の稼ぎでは生活が苦しい、もしくは将来に不安を感じる方、資金を蓄えておきたい方は。

一体子供の為、自分にとって、どんな働き方がベストなのでしょうか。


保育園に子どもを預けて働きたい主婦の仕事探しのポイント

まずは旦那の収入をベースに。

それから足りない分と貯蓄に必要な金額を計算してみましょう。

闇雲に高時給で検索してはいませんか?

高時給には必ず落とし穴があります。

甘い話に騙されないよう、欲張らないことが仕事探しのコツ。

まずは子供を第一に考えて職は慎重に決めましょう。

お子さんがいらっしゃる方にまず抑えることをおすすめするポイントは以下です。

  • 平日のみ 土日祝日休み
  • 9-18時までか
  • 主婦(主夫)歓迎か
  • 福利厚生が充実しているか
  • 子持ちを受け入れる雰囲気があるか

子どもを保育園に預けて働くなら平日のみ土日祝日休み

平日のみであること、それは少なくとも私の中では第一条件です。

私は結婚式の二次会やパーティーの指揮操作オペレーターをしていました。

とてもやりがいある仕事でしたし、何故か式場の司会にも声をかけていただいたりして、一時期は打ち込んで司会の勉強までもおりました。

しかし、活動できるのはおもに土日。

平日は派遣で事務をして、土日は本業となると 、お給料は多くいただいておりましたが、娘を義父母にあずけなければなりませんでした。

その当時、主人は転職したばかりで生活費は3万でしたので、私が働くことで生活できていました。

ですが、土日働くということより、義父母を頼ることにストレスを感じたのです。

義母は義父や周りの人に、私が働いていて仕方なく子どもを預けているということを話していませんでした。

ですので、私が毎週子どもを預けたいから預けられているのだと思われていることに気づいたのは結構後(笑)

結果、娘も懐きますし、義父母も喜んで、頑張っていても虚しくなりました。

週末は子どもとの時間を大切に、思いきり遊びたいですよね。

土日働こうか、預けようか迷っている方には私はあまりオススメできません!

義両親についての記事はコチラ 産後見舞いは迷惑?赤ちゃんよりお母さんを優先に!相手にとってベストな行動で喜んでもらおう! - いろママ日記

子どもを保育園に預けて働くなら保育施設の利用時間を必ず確認しよう

9時-18時の間の仕事かという点も、重要な職探しのポイントです。 というのも保育施設が8時-19時が多いため、残業があることなどを考えると、移動時間を含め最低でも18時が限度かと思います。

延長保育が利用できる施設もありますので一度お近くの園について調べてみて下さい。 区役所の子ども課へ行って条件を満たす施設を複数紹介してもらうのもいいですね。

子どもを保育園に預けて働くなら主婦にとって向いている職種を選ぼう

職探しで利用する求人サイトをチェックしていると主婦歓迎・子育て支援有・主婦活躍中など、一度は条件で見たことのあるワードなのではないでしょうか。

基本的に求人サイトで避けるべき職種はアパレル・美容部員・営業・不動産関係だと個人的に思います。

なぜかといいますと、共通して土日祝日が稼ぎ時であること。 平日でもOKと記載されていても、業績はまず、土日組みに持っていかれます。

そして百貨店に入っているアパレルや美容部員であれば館は大体20時から21時まで。

保育園利用の時間外となります。

またシフト制になっていますので、子どもが突然体調を崩して早退がやむを得ない場合でも融通が利きずらいといえます。

子どもを保育園に預けて働くなら求人要項の福利厚生をチェックしよう

福利厚生がしっかりしているか、というのも求人募集サイトで確認することができます。

産前産後休暇、育児手当、有給休暇、生理休暇といった条件が募集要項に記載されていれば、子育て世帯にとって比較的働きやすい職場です。

正社員向けの場合であってもバイトやパートナーに対しても寛容だと思っていいでしょう。

しかし、釣りの条件であるかもしれないので面接の際には自分の希望条件と家族構成について明確に伝えたうえで、保証があるのか確認をすることが重要です。

子どもを保育園に預けて働くなら子育てに理解のある職場か確認しよう

求人要項だけでなく、面接での企業の対応が何より大事。

子どもがいることを知った上で歓迎してくれる雰囲気であるかを見抜かなければ、いつしか仕事のしわ寄せが子どもになってしまいます。

仕事への責任感の強い人ほど、自分と身内を犠牲にしてしまう傾向があります。

それをいいことに企業側も仕事を押し付ける負のサイクルに陥ってしまう可能性が。

そうならない為に、以下の条件を伝えておくといいでしょう。

子どもの急病があるかもしれないこと 子育てを手伝ってくれる人の都合 保育施設の利用時間 稼ぎたい給料の額(扶養内か)

これらの要件を伝えた上で面接に落ちてしまった場合は、逆に採用されなくてよかった〜と思って下さい。

誠実に全てを話すことは決してマイナスではありません!

嘘をついたり、採用されたさに企業側の好条件に近づけて首をしめるより、仕事にもプライベートにも向き合える計算ができる人の方がよほど信頼が高く長続きします。

まとめ

バイトやパートを考えている方は、子どもとの日常を第一に考えて、無理なく余裕を持って働く方が効率的です。

高時給や肩書きほしさに自分のキャパシティ以上の仕事を請け負わないことが重要。

イライラしてあたってしまったり、家では休みたいと、子どもと一緒にいる大切な時間を無駄にしてしまうことになります。

子どもに金銭面で不自由な想いをさせたくない気持ちは誰しも同じ、働く母は強し。です。